2011年6月20日月曜日

Restrained / The Separation - Split 12" (SOLD OUT)


The Separation / Restrained – Split ¥1,160 *SOLD OUT

Glory Kidの名盤12インチスプリット。

A面のThe Separationはアルバムよりもファストでエモーショナルな印象の曲が多く、僕はこちらの方が好み。”Passion”の頃のCatharsisを下敷きに、His Hero is Goneの重さとLeft for Deadの疾走感をプラスしたかのような音で、殺伐とした雰囲気がイルすぎてヤバいす。
曲のテーマは宗教、労働、ジェンダー、環境破壊についてで、それぞれ歌詞の下に長々と解説が載っています。一通り読んでみたけど、必ずしも何が正しくて何が間違っていると決め付けるよりも、疑問を持つことや自ら変えて行こうとすることの重要性を説く内容が多いです。CatharsisやChokehold同様、読む価値ありな歌詞。

で対するRestrainedが更にヤバい。The Separationに通じるファスト、ヘヴィ、ダークな音楽性ながら、更に殺伐としててエモい。少し録音やボーカルの声質が軽め(高め)なこともあり、Left for DeadやTime for Changeの雰囲気に通じるものを感じました。これが非常に僕的に好きな感じで、Glory Kid関連のバンドの中でもTime for Changeと並んで特に気に入ってます。
歌詞の方は労働についての楽曲が多く、人生の意味を問いただすような内容が多いようです。また、The Separationと違って反資本主義的な姿勢を明確に打ち出しているのが印象的。でも思考停止したアナキズムじゃなくて、現実にコミットした上での怒りといった感じ。

両者とも残念ながら昨年解散しましたが、現状への絶望感と悲哀、怒りの交じり合った壮絶な8曲。
貧困や労働、戦争をテーマに多くの作品を作ったドイツの版画家、ケーテコルヴィッツのアートワークが使われたブックレットのデザインも秀逸。
メッセージ抜きにしても単純に音としてかっこ良いので、Catharsis, His Hero is Gone, Tragedy, Left for Dead, Gehenna, Integrity, Rorschach, Chokehold, Zegota, Trialなど好きな人に是非おすすめ。

http://www.myspace.com/theseparationca
http://www.myspace.com/restrainedhc

(笹川)

0 件のコメント:

コメントを投稿