2011年5月15日日曜日

V.A. - 3/12/93 (SOLD OUT)


V.A. - 3/12/93 ¥530 *SOLD OUT

Ebullitionの名コンピのラストストック。丁度僕らでレーベル在庫ラストだったみたいです。

1993年12月3日というタイトルですが、ライブ盤ではなくて全曲スタジオ録音のコンピレーション。参加面子は、John Henry West, Sinker, Not for the Lack of Trying, Manumissionの4組。
そもそものアイディアは、この4組でEbullitionの地元であるカリフォルニア州ゴリータでライブをやって(それが93年12月3日)、その後コンピレーションを出すというもの。
当日会場に来たお客さんは全員ノートに名前と住所を書いて、コンピが出来上がったらレコードをシルクスクリーンのジャケット付きで受け取ったらしいです。面白いアイディアだなー。

収録曲レビュー。

A.1 John Henry West - Avoiding
超クソかっこ良い!!FuelやJawbreaker, The Hated, Floodgate, Swipe, I Excuseなどに通じる/影響を与えたであろうファストで激エモーショナルなメロディック・ハードコア。感情たっぷりに疾走するイントロからボーカルの叫び声で血がたぎり、背筋を正されるメロディーにやる気を感じざるを得ない。
個人的にこのコンピで一番好き。ちなみにEbullitionからディスコグラフィが出るとか出ないという話(が数年前からある)。

A.2 Sinker - Slash and Burn
pre-Indian Summer, Amber Innのメンバー含むエモ・バンド。Moss Icon, Native Nodとかに通じる、少しルーズさのあるローファイなポスト・ハードコアで、John Henry Westとの対比が良い感じ。

B.1 Not for the Lack of Trying - Goodbye
女子ボーカルの激エモバンド。メンバーの3人が元Downcast。後期Downcastの音楽性はVerbal Assaultからの影響が少しあったそうですが(出典:Burning Fight)、このバンドではそれがもう少し出てきてる気がします。ただしボーカルは終始ロウで余りメロディックではない。Ebullitionから7"を出す予定だったものの、解散してしまったそうです。メンバーは後にJaraやBorn and Razed, This Machine Killsなどに参加。

B.2 Manumission - Hawthrone Effect
Ebullitionから単独7”を2枚リリースしたゴリータのバンド。渋い絶叫ボーカルが疾走感あるエモーティブな楽曲に乗る。あえて例えるならEconochrist meets Rites of Spring!


John Henry West - Avoiding


(笹川)

0 件のコメント:

コメントを投稿