2010年6月24日木曜日

Charged - Summer 2008 (SOLD OUT)

Charged - Summer 2008 CD ¥100 *SOLD OUT

タイトルの通り2008年の夏にリリースされたChargedの7曲入りCD。Melotov Recordsの第一弾リリース。

Negative FX, American Nightmare, R.A.M.B.O, GBH, Nauseaなどに影響を受けたとのことですが、個人的な印象としてはGhostlimb meets Give Up the Ghost的な、所々Tragedyっぽさを感じさせるモダン・ハードコアといった印象で、かなりかっこいいです。

ちなみにレーベルオーナーの女の子がジャケを無くしちゃったみたいなので、このお値段でお許しください(笑)。CDと空ケースのみです。

収録曲はmyspaceで一応全曲聴けますが、スパムのラッパーがうるせーのでMelotov Recordsのマイスペで聴ける"Walking Stick"って曲を聴いてみてください。
http://www.myspace.com/melotovrecords
http://www.myspace.com/charged

(笹川)

2010年6月19日土曜日

Calculator - These Roots Grow Deep12"(SOLD OUT)

Calculator - These Roots Grow Deep ¥1,230 *SOLD OUT

カラーヴィニールのみ極少量再入荷しました。レーベル在庫残り僅かだそうなのでお早めに。

アメリカはカリフォルニア出身の若手激情/ポスト・ハードコア・バンド、Calculatorのこれまでに出したJohn Cotaとのスプリット、Moldarとのスプリット、"Arguments" EP, さらに未発表曲やデモなどを収録したこれまでのディスコグラフィー12"です。

僕がこのバンドの音源を初めて聴いたのは、B面に収録されてる"Arguments"っていう6曲入りのEPで、当初聴いたときはそのAmerican FootballやOwenを思わせる穏やかなギタートーン、Braid的なポスト・ハードコア感、そして洗練という言葉から2万光年ぐらい離れた脱力系の絶叫ボーカルのミスマッチ具合にやられまくりました。「静と動」の「静」の比重がかなり大きくて、しかも壮大でも泣き泣きでもない新感覚。じわじわハマって結局、多分30回ぐらい通して聴いた気がします。

***********************************
さて肝心の中身について。A面の最近の楽曲は以前よりも少しシリアスな雰囲気で、全体的にテクニカルな側面が強い印象。個人的なハイライトはSunny Day Real Estateを思わせるギターワークが印象的な"Breathing In"、それにテクニカルに疾走するギターリフと微妙なメロのボーカル、そしてモヤシすぎるコーラスの絡みが秀逸な"Bandages"など。

B面はさっき書いた"Arguments" EPと未発表曲1曲。こちらはキャッチーで明るい側面が強い印象。
1曲目"Fivethousand"の切ないアルペジオで淡々と進んで、最後に疾走するパートでディストーションペダルを踏むかと思いきや、クリーントーンで通すあたりが半端ねえセンス。2曲目"Abroad"は恐らく一番キャッチーな曲。アメフト的なアルペジオを爪引く序盤から、やばいぐらいキャッチーな歌メロが登場するラストで鼻歌必至。3曲目"2012"もかなりキャッチー。Kid Kilowattのこの曲みたいなイントロで疾走しつつ、最後の"twelve, twelve, twelve, twelve..."っていう悲壮感だなんだが馬鹿らしくなるような脱力もののリフレインで〆るのが最高。4曲目"Friendslikepaddles"は静と動を頻繁に行き来する曲で、最後のシンガロングで小声で参加せざるを得ない。5曲目"Presence"も相当にキャッチーな曲。この曲が一番Cap'n Jazzしてる気がします。そして最後6曲目"Memorial"、これが個人的に超名曲。ごたごた言ってもあれなので詳しくはマイスペで"Presence"からの流れで聴いてください。

CD-Rの方には、これに続いて初期のデモが3曲収録。よくもまあこれ人に聞かせようと思ったな…的な、壮絶にしょぼ過ぎるデモ・ヴァージョンが聴けます。この自虐的なユーモアのセンス好きだなあ。

そんな感じで、Suis La LuneとかFire Team Charlie, Moldar, Kidcrash辺りが好きな人からAmerican Football, Owen, The Promise Ring辺りのキンセラ系のバンド、それにOn the Might of Princes, I Hate Myselfとか好きな人にかなりお勧めしたいオウサムな作品。

現在これを引っさげてSuis La LuneやMy Heart to Joyなんかと一緒にライブやってるようで、頑張ってほしいです。日本来たがってるからいつか呼びたいな。

http://www.myspace.com/clcltr

(笹川)

2010年6月17日木曜日

You Know What I Mean -Sell Out Issue (SOLD OUT)

You Know What I Mean -Sell Out Issue- ¥200 *SOLD OUT
POPDROME SERVICE
20頁

セルアウトとは?
「パンクスが多国籍企業を経営する時代」ってテーマで書かれてまして、アメリカン・アパレルやらPUNK PLANET、雑誌viceなんかの成功と失敗について取り上げられてます。
このzineは「東京ZINESTERギャザリング」(Lilmag Storeと Irregular Rhythm Asylumの企画)に合わせて作られたものだそうです。
当日行けなかったのが悔しい限りです。

こういう面白そうなイベントって色んな所で行われてる様で、この前書き付けにも書いたno.12 galleryでも面白い企画があったり、色々探して行ってみては面白いのではないでしょうか。

宜しくお願いします。
片桐

2010年6月16日水曜日

Kathy Zine #01 (SOLD OUT)

Kathy Zine #01 ¥500 *SOLD OUT
POPDROME SERVICE
88頁

Kathy Zine #01入荷しました。
HELLO,GRRRLS! BE YOUR OWN POP ICON!で始まる、女優のミンク・ストールや、ディバインとゴシップってバンドのベス・ディトーの対比や、映像作家のミランダ・ジュライの事が濃厚に88ページも書かれてるzineです。
僕はこのzineに出てくる人物も場所もほとんど知らなかったんですが...
ミランダ・ジュライが映像作家だって事くらいで。
彼女のティーンネイジャーの頃の活動やインタビューもあって、誰からも誘いの無い週末に観てみようかな、なんて思いました。
POPDROME SERVICEがつくるzineは、毎回主張とユーモアを混ぜ込んだとっても興味深いものになっていておすすめです。

興味がある方、宜しくお願いします。
片桐

Opshop + Wheatpaste 地球の裏側にくらすふたりのZine作家 (SOLD OUT)

Opshop + Wheatpaste 地球の裏側にくらすふたりのZine作家 ¥400 *SOLD OUT
POPDROME SERVICE
56頁
シドニーのジンスターVanessa Berryとサンフランシスコ・ベイエリアのジンスターErick Lyre、二人を扱ったzineです。
またそれ以外にも、アーロン・コメットバスやガターパンクスなどのトピックを扱っています。
ちょこっとだけイアン・マッケイのemo云々エピソードなんかも出てきたりしてます。
色んなトピックのなかでも、84年生まれのAaron Lake Smith氏の90年代懐疑論が、僕の様な若い世代にもリアリティーのある内容でとても興味深かったです。

宜しくお願いします。
片桐

2010年6月15日火曜日

Reaching Away - Push Away the Moon CD

Reaching Away - Push Away the Moon ¥1,190

2005年より活動休止中(解散してはいないようです)のThe Pineのメンバー3/4を含む新バンド、Reaching Awayの出来立てホヤホヤ13曲入りアルバム。これが、さいっっこうに良いです!!僕が上半期に聴いた新譜の中で今のところ1位来ました。まあまだ10枚ぐらいしか聴いてないのであまり参考になりませんが…。

The PineのときはそれこそモロにEvergreen, The Hated, Lync, Chino Horde辺りの影響を感じさせる疾走感のあるエモーティブ音楽をプレイしていたわけですが、今回はディストーションペダルの代わりにアコースティックギターを手に取り、それこそ後期The HatedとかThe Deadwood Divine、はたまたR.E.M辺りの90年代前半のオルタナを思わせる云々…なんていうのは死ぬほどどうでも良くて、とにかく曲が良い!!歌が良い!そしてこの声、もう大好きすぎますね~僕は。微妙に鼻声でメロディーもぎこちないんだけど、それが全て良い方向に取れる謎の説得力。

本当に好きなものに出会ったときっていうのは、なかなか説明できないものですね。

ちなみに今回はレーベルが不明だったのでボーカルのRoger氏に直接コンタクトとったんですが、非常に丁寧で間違いない対応してくれる人で、やはりメール対応というのは重要だなと思った次第。。。

超お勧めです。


(笹川)

2010年6月9日水曜日

Ordination of Aaron "head" shirt (SOLD OUT)

Ordination of Aaron "head" shirt ¥2,280 *SOLD OUT
Size: Small
Body: Fruit of the Loom